防災訓練&救命救急講習会

こんばんは、広報担当Aです。

 

 

先々週からの雨続きの悪天候に加え、猛烈な台風21号が過ぎ去ったのも束の間

今度は次の台風22号が発生した模様です…( ゚Д゚)

しかもまた前回同様、沖縄付近でUターンして週末に日本列島へ接近しそうなコースなようで…(´-д-`)

 

今年は例年に比べ、夏に台風が少なかったせいか、季節外れの秋の台風続きなのは

これもまた地球温暖化の影響なのでしょうか(;´Д`)

 

 

さて、昨日10/23(月)、社内防災訓練及び救命救急講習会が行われました。

弊社では年に1回程、防災訓練を行っており、3階のコピー室から

火災が発生したという想定のもとで行われ各々、下の駐車場に避難してきました。

 

各自、連絡班・救護班・防護班・搬出班・消火班に役割分担し

各々、救急箱や消火器、貴重品といった必須アイテムを持ち出しています。

 

避難訓練後、リーダーである所員Yから避難時の問題点や総括が行われましたが、

Yが腕に巻いているタオル

これは災害が起きた時に腕にタオルを1本巻きつけておけば、

これで口を押さえたり、濡らしたり、負傷した場合に包帯代わりに傷口をおさえたりと

色々と万能用途があるからとのことで、なるほどガッテン!

 

防災訓練後には、AEDと人体模型を使っての救命救急講習会が行われました。

自動車教習所や企業内等で救命救急講習会を受けたことがある方もいるかもしれませんが

まだまだ未経験者の方も多いと思います。

 

Yは救命救急技術に詳しく、非常に長けているのでYの指導の下、

所員それぞれ心臓マッサージとAED操作に分かれて体験をしてみました。

「心臓マッサージは安定感を保つために必ず堅い場所の上で行うこと」

 

「マッサージの強さは肋骨が折れそうな勢いで大丈夫」

 

「人工呼吸は気道確保で必ずアゴを上げて、鼻をつまみ息を強く吹き込むこと。

 患者さんが伝染性疾患を持ってる場合に備え、感染予防として必ず

 マウスピースを噛ませたり、ハンカチやガーゼなど空気が通る布一枚を間に挟んで行うこと」

 

などなど細かくご指導をいただき、ためになるアドバイスに感心することばかりでした。

 

 

AEDが日本で一般的に広まるようになったのは2004年頃のこと。

現在では行政・交通・教育機関やコンビニなど多くの場所に広く設置されています。

 

日本で普及されるようになってから、多くの場所で誰かの命を救い続けている一方で

せっかくAEDがあっても使い方がわからないなどで手当が遅れ、救えない命があったのも事実です。

 

自分の周りで咄嗟に誰かが心臓疾患を起こして倒れた時、救急車を呼ぶのは当然の流れとして

救急車が到着するまでに10〜15分程、いや、それ以上かかることもあります。

その間、近くにAEDがあるという条件の下で何もせずただ到着を待っているのと、

AEDで事前に応急処置をしているのでは救命率は大きく変わってくると言われています。

出典:日本AED財団

 

一度でも使用体験がないと、咄嗟の時にAEDを使う選択肢が思い浮かばないものです。

今回こういった体験をしてみることは、私達のように医療資格を持たない一般市民でも

もしかしたら今後、誰かの命を救うことのほんの少しでもお役に立てるかもしれません。

 

今回は短時間の講習会と体験ではありましたが、所員一人一人にとって、

AEDに対する知識を深めたり、いざという時に使えるようになるための

モチベーションUPに繋がっていけるよう、企業として啓発していきたいと思います。


某クリニック現場見学会 〜vol.2〜

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

まだ10月だというのに先週末から急激に気温が下がり

今週は12月ばりの気温になったりと寒い日が続いています。

 

そうかと思えば少し暑くなる日もあったり、台風が来週にかけてやってきたりと

この気温の寒暖差で風邪を引いたり体調を崩す方を多く見かけるようになりました。

 

まだ10月なのに暖房器具をつけるなんて…と多少の抵抗が多少もあったりもしますが

気温の体感は人により違うので、寒さを我慢して風邪をひいてしまっては元も子もありません。

 

自分の身は自分で守るとして、うがい・手洗い・保温・保湿を心掛け、

風邪に負けない身体づくりを心がけましょう。

 

 

さて、先日10/18(水)、現在建設中の某クリニック見学会の第2回目が行われました。

 

今回の見学内容は鉄骨建方、クレーン運搬といった作業内容でしたが

見て下さい!前回の見学会から1ヶ月の間にここまで鉄骨組みが進んでいました!

 

地上から地下にかけてもコンクリート打設が完了していました。

 

 

この日は鉄骨の仮ボルト→本ボルトの締め作業に入っていました。

 

締めていくボルトは

男性の手のひらより少し小さいぐらいの大きさですが、ゴツくて重い。

 

ボルト締め作業をこの高さの鉄骨に対し、地道に1本1本こなしていくのは実に大変。

でも頑丈に作り上げるべく、しっかりと締めていく責任のある作業です。

 

現場に運び込まれた鉄骨はクレーンで吊られて運ばれて行きますが、

単純に誰でもワイヤーを引っ掛ければいいというものではありません。

玉掛け講習を受けた資格者だけが扱える大事な仕事です。

 

今から40年以上前の大昔には、鉄骨等のワイヤー吊りはこのような2点吊りではなく

真ん中1点のみで吊っていましたが、安定感が悪かったり事故が多発したことに伴い

その後、2点吊りかつ資格者制度に変わったそうです。

 

私のような素人だと工事現場のクレーンというとあっという間にスルスルと

機材を吊り上げてるイメージがありましたが、実は風速や物などにより

吊り上げや運ぶ速度もきちんと考えられているものなのだと知りました。

 

吊り上げる物は鉄骨から小物まで大小様々。

作業をしている方々が必要な器材等をその都度、下に降りて取りにいくのは大変。

そんな時に大きめの袋や缶の中に器材を詰めてクレーンを使って

作業員さんのところに届けることにも大きく役立ってくれています。

 

 

次回見学会の時には、ここからどれくらい進捗しているでしょうか。

見に行く度に大きな進展があるので、今からとてもワクワクしています♪o(^^)o

 

また次回もお楽しみに。


Japan-BIM事例フォーラム

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

10月になり、プロ野球もシーズン終了の時期が近づいてきました。

同時に10/1以降は毎年、各球団所属のプロ野球選手達の第一次戦力外通告期間でもあります。

今年も既に各球団を去る選手達の名前が続々と発表されており、

私も含めて世の中の野球ファン達にとっては切なさとツラさが入り混じった季節です(;;)

 

我らが千葉ロッテの伊東 勤監督もチーム成績不振の責任を取って今季限りでの退任を発表しています。

このような成績となってしまったのは残念ですが、5年間本当にお疲れ様でしたという思いです。

 

次期監督には先日惜しまれつつ引退した井口資仁選手が最有力候補として名前が挙がっています。

井口監督となれば熱い応援が売りのロッテファンは大歓喜だと思いますが、

そのあかつきには、ロッテは生まれ変わって復調することができるかどうか楽しみです。

 

 

さて先月9/28(木)、所員M、Y、Tの3名が福井コンピューターアーキテクト衢夕膾鼎

Japan-BIM事例フォーラムに参加してきました。

 

以下はMによるレポートです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

BIMについて動向を確認することができました。

 

設計のためのツールだけではなく、FMに活用する事例が増えてきており、

維持管理費が40%削減できたとの報告もありました。

 

作図のためのBIMと捉えるのではなく、BIM化による多様な展開を今後も注視し

可能性を模索していきたいと思います。

 

AIやIoTの発展により建築業界も急速な変化が見られているので、

設計業務に対しても柔軟かつ迅速に対応していきたいと思います。

 

また先日更新されたBIM2018の新機能についての説明を受け、使いやすくなっただけでなく

プレゼン機能も充実されているので、ますますBIM活用の利便性や

有効性が広がってきていると感じました。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

今や我々の業界にとって、設計図面を描くのみならず、施主様のニーズに合わせて

BIMの知識と技量を身に着けることは不可欠です。

 

弊社でも若手からベテラン勢までが揃って教育を受けていますが

今後もBIM関連の情報収集や習得推進に向けて、日々研鑽を積み続けて参ります。


2017年 木構造テラス構造設計スクール

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

10月になりました。

個人的には9月はあっという間に過ぎ、気がついたら10月になっていた感覚です。

 

世間一般的には10/1が衣替えということで、弊社でも制服組は秋冬仕様に切り替わりましたが

10月は朝晩は涼しくなってきても、日中はまだ暑い日が多いんですよね…^^;;

今時は夏の衣替えは5/1、秋は11/1と1ヶ月ずらしてもいいような気がします。

 

 

さて、先月9/20(水)、一般財団法人木質構造の設計情報を共有する会様主催の

「2017年 木構造テラス構造設計スクール(後期)第5回」が

川崎フロンティアビルにて行われ、前回同様、所員Aが参加して参りました。

 

 

以下はAによるレポートです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

今回は

「非住宅木造建築の確認申請の勘所」

「構造実験の見学」

についての講習でした。

 

非住宅木造建築は最近増えてはいるものの、物件数は多くないので

平易に法的な位置づけと審査の要点を解説してもらったことで理解を深めることができました。

 

通常の筋かい壁と高耐力壁とを組み合わせた面内せん断試験も見学し、

加力中の壁の変形具合、破壊時の状況など構造的な基準と照らし合わせて理解できました。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

「非住宅木造建築」というのは読んで字のごとく住宅以外での木造建築物のことです。

 

公共建築物等木材利用促進法という法律において推進されている建築物のことであり

低層の場合、原則「木造化」、困難な場合には「内装の木質化」が求められています。

 

ちなみに対象となる建築物には

・学校

・病院や診療所

・運動施設(体育館など)

・社会福祉施設(保育園や老人ホームなど)

・社会教育施設(図書館など)

・高速道路のSAやPA

などといったものが挙げられています。

 

これらの建築物は、弊社が過去から現在に至るまでに設計してきた物件の中で既に存在し

これから更に増えていくと思われますが、同時に非住宅木造建築物では構造計算も

これまで以上に更に重要視されるようになります。

 

普段、構造設計を担当している所員Aにとって更なる研鑽の場であり

弊社にとっても所員の更なるスキルアップは実に頼もしいものです。

 

この木構造テラススクールは今後もあと数回続く予定です。

所員Aは講習日程と仕事の都合が合えばまた参加するという意気込みを語ってくれています。

 

また参加次第、随時更新していきますので、次回をお楽しみに^^


某クリニック現場見学会 〜vol.1〜

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

先週飛び込んで来た安室奈美恵さん引退発表のニュースには驚きましたね。

私と安室さんは1歳違いで、ブレイク前〜全盛期〜現在に至るまで同じ時代を生きているので

今回の安室さんの決断はとても寂しく思う反面、実に彼女らしい、カッコいい引き際だなと思いました。

 

昨年からSMAP解散、安室さん引退、とエンタメ界から世の中を騒然とさせる

大きな話題が湧き起っていますが、両者ともが平成時代を彩った国民的大スターだからこそ。

平成という時代が来年再来年にも終わるとされているように、SMAPにも安室さんにも

一つの時代を駆け抜けて行ったような終焉を感じてしまい、しみじみと寂しさを感じてしまいます。

 

 

さて先週9/20(水)、弊社が設計を担当した某クリニック様の建設工事現場にて

現場見学会が行われました。

こちらの現場では既に数回、見学会が開催されていますが

今回は基礎配筋・型枠・杭頭補強を中心に見学をしていきます。

 

型枠や配筋に使う材料や器具について一つ一つ説明を受けた後、

 

いよいよ下に降りてみます。

 

私達は普段、なかなかこうした工事現場を間近で見ることはなく

見てもせいぜい遠巻きにみる程度です。

 

でも、近付いて見てみると鉄筋コンクリートのマンションや建物の骨格は

こんなにも複雑に絡み合って出来上がっているのだということを実感します。

 

異なる種類の鉄筋同士もこのように結束線で絡めて留めています。

この線も引っ掛け防止に必ず内側に引っ込めるルールがあります。

これも現場での事故やトラブル防止対策の一つなんですね。

 

 

配筋や型枠組みは建物造りの基礎中の基礎。

人間の身体で言うなら骨の部分なので、耐震性に優れた丈夫な建物であるためにも

しっかりと組まなければなりません。

さて次回はどこまで工程が進んでいるでしょうか。

 

また次回の更新もお楽しみに^^


書いた記事数:110
最後に更新した日:2018/05/02
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM