ヘアドネーション

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

今日で1月も終わり、明日からは2月です。

場所によって少しずつ梅も咲き始めていますが、これから2月いっぱいまでまだまだ寒さのピーク。

インフルエンザもまだまだ猛威を奮っています。

あと1ヶ月強、健康に気をつけながら何とか乗り切りましょう!

冬の後には必ず春がやってきます!(><)

 

 

さて、今日のお話は主に女性向けかもしれませんが、男性の皆さんにも

もしかしたらどこかで役に立つかもしれない知識として

頭の片隅に入れておいていただけたら幸いです。

 

皆さんは「ヘアドネーション」という言葉をご存知でしょうか?

「hair=髪」「donation=寄付」という読んで字のごとく、髪を寄付することを言います。

 

芸能人でも柴咲コウさんやベッキーさん、ダレノガレ明美さん、三吉彩花さんなど

かつて長い髪がトレードマークだった方もバッサリ切った背景には

実はこの寄付に協力されていたという事情があったそうです。

 

 

では何故、髪を寄付するのかと言うと、これは小児ガンや脱毛症など何らかの病気が原因で

髪の毛を失い、ウィッグ(かつら)を必要としている18歳未満の子ども達に、

医療用ウィッグの原料となる人毛を提供するためです。

 

(例)

出典:つな髪〜ウィッグの贈り物で広がる輪〜

 

大人でも髪を失うことは男女共に精神的にとても辛いことですが

そういう状態になっても、まだ大人同士なら相手の心を察した配慮ができます。

 

でも子供は違う。

病気などが理由で好きでそうなったわけじゃないのに、

子供であるがゆえにひどいことをストレートに言われたりやられたり

いじめ等につながって心に深い傷を負うことも少なくありません。

 

病気で髪を失っても、ウィッグがあればそういったダメージを緩和することもできますし

何よりも病気と闘いながらも明るく前向きに生きていく手助けになるかもしれません。

 

 

弊社の所員でも既に1名、半年程前にこの運動に賛同して寄付を行った者がいますが

先日新たにもう1名、所員Tが寄付を行いました。

 

では、その髪の寄付とはどのように行われるのかを簡単にご説明しますと

腰まで伸びている長い髪。

このために一生懸命伸ばしてきました。

 

美容院に行き、まずは切りやすく前処理として束分け。

このそれぞれ束分けしたゴムの上部分からジョキジョキと切っていきます。

 

切り分けられた髪は一まとめにされ、これをヘアドネーションを主催している

団体へと郵送します。

光の加減で明るく見えますが、カラーリングしてあっても大丈夫。

送られた髪の束は団体で選別・加工をした後、ウィッグを希望する患者様一人一人の

頭の形や毛質に合わせたオーダーメイドウィッグ作りに使われます。

 

あの長かった髪がこんなにバッサリと短くなりました。

髪が長かった分、重くなっていた頭はスッキリ軽くなるだけでなく

誰かの役に立てることが嬉しいと語っていました。

 

 

髪を長く伸ばしていたのだけれど、そろそろ切りたいと思っていたり

この運動に興味がある方は是非とも「ヘアドネーション」で検索してみて下さい。

主催している団体はいくつかありますが、ヘアドネーション用に切り分けてくれる

日本各地の美容院の紹介や、やり方・注意点が記載されています。

 

捨てられてしまう髪も、誰かを助けられるのなら是非とも協力したい!

と思うのですが、男性や女性でも長さが足りない方にはなかなか遠い話かもしれません。

 

でも、自分の身体の一部の寄付はヘアドネーションだけではありません。

健康な身体があれば一番身近でできるものとしては献血もありますし、

更にその先を行けば骨髄バンク登録や臓器提供意思表示などの方法もありますので

是非ともご検討になさってみてはいかがでしょうか。


雪が降る町

こんばんは、広報担当Aです。

 

 

一昨日は首都圏に約4年ぶりに大雪が降りましたね…(==;;

北国の人からしたらこれぐらいで大袈裟な…って思うでしょうが

雪に慣れてない首都圏ではそりゃあもう大騒ぎ。

 

雪が降って嬉しいのは子供だけ。

大人はただただ現実と憂鬱しかありません…(´-д-`)

 

この日、私は仕事で東京に行っていたのですが、午後から帰宅命令が出た会社も多かったようで

14時半の段階で既に東京駅構内はいつも以上に人が多く、皆一様に家路を急いでいる様子でした。

 

 

弊社も16時前には帰宅命令を出し、各々帰宅の途につきましたが

夜になるにつれてどんどん雪は強まり…

何だか美味しそう…(♡▽♡)

と思わず錯覚を起こしてしまいそうな程のフワフワ雪の銀世界が!

 

千葉市周辺はこの晩だけで10cm以上の積雪がありましたが、

東京はその倍近くあったようですね。

 

よって翌日である昨日は、弊社も朝から若手所員を筆頭にみんなで雪かきをしました。

会社前の歩道や駐車場出口の雪も綺麗に取り除かれました。

 

雪かきの合間に女性所員は一息ついて何をしてるのかな?

鉢植えに降り積もった雪を取り除いて、小さな雪だるまを作っていました(´∇` )

雪に埋もれていたお花さん達も顔を出し、雪だるまさん達とご対面(笑)

ホッと和む一枚です(^^ヾ

 

 

若手からベテラン勢までが力を合わせて作業してくれたおかげで

作業開始から2時間程で雪かきは終了しました。

 

男性が圧倒的に多い職場ではありますが、弊社は女性陣だって男性に負けじと

力仕事も頑張るのが自慢ポイント♪o(^^)o

 

 

朝から陽が出て、気温もそこそこ上がってくれたおかげで夕方には雪は9割方溶け、

路面もすっかり乾き、歩道も車道もいつも通りの往来の光景に戻っていました。

 

太陽の恵みにも改めて感謝感謝です♪^^


某クリニック現場見学会 〜vol.3〜

こんばんは、広報担当Aです。

 

 

昨日は午後から雨が降り、夕方以降は久々のすごい雨でしたね(>_<)

冬場は乾燥でウィルスや菌が空気中にウヨウヨと蔓延していますが

ヤツらは湿気や水に濡れるのに弱い上に、乾燥も和らぐので

たまにこうして雨が降るのはいいことです。

 

足元や視界が悪く、傘を差す手間が増えるのはイヤなんですけどね…^^;;

 

 

さて、昨日1/17(水)、現在建設中の某クリニック見学会の第4回目が行われました。

(尚、3回目は私が欠席したためレポートできておりませんので、

このブログとしてはVol.3としてお送りしております。何卒ご了承願います。)

 

昨年10月以来、約3ヶ月ぶりに訪れた現場は外観がだいぶ出来上がっていました。

 

今回は断熱材吹付などを見学して参りました

それでは5階建ての最上階から行ってみましょう。

 

5階は事務室エリアですが、

ちょうど耐火としての25mm以上の吹付作業が行われていました。

吹付断熱材の繊維が床に沢山散らばり、空気中にも白っぽく舞う中、

作業員の皆様、地道な作業大変お疲れ様にございます。m(_ _)m

 

 

4階は入院する患者さんの病室フロア。

5階以外の柱への断熱材吹付は全て終了しています。

 

天井から這い出てきているのはPF管。

まるでマカロニ製造工場で、マカロニが絞り出されているかのような見た目です(笑)

 

 

3Fは手術フロア。

手術室という特性上、菌やウィルスの侵入を最小限にするべく

窓も他フロアより少な目になっています。

ヘパフィルター付きの空調もしっかり完備。

 

手術フロアの壁がピンクに見えるのはウレタン断熱吹付によるものです。

 

 

2Fは診察フロア。

診察と事務作業を両方兼ねるフロアなので、やはり手術フロアに加え、

こちらも天井からの配線や配管がとても多いですね。

 

こちらの緑色の配管は耐火塩ビ管で、外部からの高熱に強い性質。

隣に見えるシルバーの配管は内部からの高熱に強い性質なのがそれぞれの特徴です。

 

そして最後は地上に降りてきて、1F受付フロア。

間仕切りの軽量鉄骨が所狭しと建てられ、受付らしくなってきてるような雰囲気です。

 

受付は受付で、また物凄いLANなどの回線ケーブルが天井からドーン!

この大量のケーブルが受付内部各所に這わせられて、各フロアと繋がるのですね。

 

 

次回は、ここからどれくらい進捗しているでしょうか。

もしかしたら次はもう天井・床・壁の内装は完了しているかな〜?

 

当然ではありますが、回を追うごとに違った表情を見せてくれるので

私も取材しつつ書き起こしつつ、いつもワクワクしています(・∀・)

 

また次回もどうぞお楽しみに。^^


猫バンバン!

こんばんは、広報担当Aです。

 

 

1月は1年で最も寒い時期ということで、寒い日が続いております。

 

関越地方でも最強寒波による積雪で電車や車が立ち往生したりと

雪国暮らしの方々にとっては冬の時期は毎日本当に過酷だと思います。

 

数年前に、雪に慣れていない首都圏でもとんでもない量の雪が降りましたが

あの状態が雪国の方々にとって冬場は日常茶飯事だと思うと本当に頭が下がる思いです。

 

 

さて、今回のタイトル「猫バンバン!」

「猫に小判」ではありません^^;;

 

何故、唐突に猫の話かと言いますと、私も含め、

車を運転する全てのドライバーの皆さんが知っておくべきことだと思ったからです。

 

ということで、説明よりも前に今回はまず1本の動画をご覧下さい。

これは日産自動車蠅作成した

「#猫バンバンプロジェクト〜猫も人も安心して過ごせる社会のために〜」

という注意喚起のための動画です。

 

既に“猫バンバン”の意味をご存知の方もおられると思いますが、

童謡『雪』の中の歌詞「猫はこたつで丸くなる」にもあるように、

猫はとても寒がりなので、温かく狭いところが大好き。

それゆえ、冬場はエンジンを切った後の車の温かさにすり寄ってきてしまうのです。

 

「何だか車の周辺から鳴き声が聞こえる???」と思ったら

車のマフラー周辺にいたり、地面側から車の内部に入り込んでボンネット内部で

暖を取っていたということも多々あるようです。

車周辺なら雨風もしのげるし、猫にとっては居心地のいい場所なんでしょうね。

(ちなみに夏場でも暑さをしのぐために、やはり猫は車周辺に居ついてしまいがちです)

 

でも、猫が入り込んでいたとも知らずにエンジンをかけてしまった場合…

そのまま走り続けていた場合…

想像はつきますよね・・・?(;;)

猫の命が失われてしまう可能性もある他、自分の車も故障の原因になりえます。

 

それゆえ実際に車のレスキューでお馴染みのJAFには、猫絡みでの出動要請も多いそうです。

 

 

そんなダブルでの心苦しさを防ぐためにも、車を運転する前には

もしかしたら猫がいるかもしれないという認識を持って

ボンネットをバンバン叩いてサインを送ってみて下さい。

隠れてる猫ちゃんが出てくるかもしれません。

 

ただし、この方法を取れば全ての猫よけになるかと言えばそうではないのも事実。

バンバンされても気付かないとか、かえって警戒して出てこない猫ちゃんもいるようです。

(クラクションを鳴らしても効果がない場合もあります)

 

一番効果的かつ望ましい方法としてはエンジンをかける前にボンネットを開けてみたり、

車を発進させる前にマフラー付近や車の下を覗いて「直接目視をすること」です。

出典:http://kumatama-diary.com/

 

「うちの車は軽だから大丈夫」

と思う方もいるかもしれませんが、侮るなかれ。

軽自動車の狭いボンネットの中でさえ、猫ちゃんは入りこんでしまうそうです。

さすが軟体動物…(;´Д`)

 

たとえその猫ちゃんが野良猫であったとしても、大切な命には変わりはありません。

心苦しさとか心理的負担を減らすためにも、大事な車を故障させないためにも

ご面倒でも両方を守る意味で少しの時間を費やすことをオススメします。


謹賀新年

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

まずは遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

 

皆様はどんな年末年始をお過ごしになりましたか?

 

私は仕事納め翌日に大掃除を済ませ、年が明けてからは

ニューイヤー駅伝と箱根駅伝にどっぷり浸かっていたら

あっという間に正月が終わってしまいました…^^;;

 

 

弊社は先週1/4(木)に仕事始めを迎え、気分的には先週はリハビリ状態でしたが、

今週より本格始動といったところです。

 

所長の山田を始め、所員達は施主様やお取引先業者様への年始回りを各々行っており、

また、弊社にも多くの業者様に新年早々お越しいただいてありがたい限りです。

 

今年は弊社としてどんな一年になるのか、今からワクワク(^m^)

新たな業務はもちろん、新たな施主様・業者様・所員との良き出会いにも

多く恵まれる1年になることを願っております。

 

皆様にとっても素晴らしい1年の幕開けとなりますように。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m


書いた記事数:116
最後に更新した日:2018/07/12
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM