2017年度 木構造テラス構造設計スクール

こんばんは、広報担当Aです。

 

 

関東地方も梅雨が明けて、本格的な夏に突入です。

と言っても、今年は梅雨らしい雨は降らず空梅雨気味だったように思うのですが…^^;;

 

お天気キャスターの森田さんや依田さんも以前より

「今年の夏は例年以上の猛暑になりそうです」と予報を出していたように、

朝から既に気温が20℃を超えたり、夜でも蝉が鳴く程の熱帯夜が続く昨今では

朝昼夜及び屋内外問わず誰もが熱中症になるリスクが高まっています。

 

喉が渇いたなと思う時には既に身体の脱水状態は始まっています。

熱中症予防のためにも、喉が乾いていなくてもこまめな水分補給と

暑さをしのぐ生活環境対策、暑さに負けない身体作りを心がけるようにしましょう。

 

 

さて先週7/19(金)、一般財団法人木質構造の設計情報を共有する会様主催の

「2017年度 木構造テラス構造設計スクール(前期)第4回」が

新木場タワーにて行われ、前回同様、所員Aが参加して参りました。

 

以下はAによるレポートです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

今回は

「わかって使える木造建築物の『防・耐火設計』」

「わかって使える木造建築物の『構造設計』」

「メンブレン耐火木造のポイントと石膏ボードの活用」

についての講習でした。

 

条文だけでは理解しにくくなりがちな法令に基づく建物の仕様について

図解による説明を受けたことで、条文の内容を簡潔に理解することができました。

 

しかも今回の講習は、構造設計界では著名な「山田憲明建築構造事務所」の

山田憲明先生が講師であったため、木造の構造設計における苦労と面白さを

直接聞くことができたのですが、これは構造設計を担当している自分にとっては非常に良い刺激でした。

 

また、その中で腐朽菌やシロアリへの対策についての説明もありましたが

材料としての「木」への配慮は重要であることに改めて気がつくことができました。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ご存知の通り木造建築物にとって、シロアリは木材を食い荒らす厄介者です。

大切な夢のマイホームや重要建築物もシロアリに狙われたら、

人間で言うところの骨粗しょう症のように骨格を脆くされてしまいます。

 

シロアリの気配を感じたら、劣化が進む前に、直ちにシロアリ駆除業者を呼んで

早々に対応をすることをオススメします。

 

 

ちなみに、奴らにはシロアリという名前がついてはいますが、

実は蟻の一種ではなく、人間の天敵「ゴキブリ」の仲間です。ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

 

そんなシロアリの天敵は何と、我々がよく道端で目にするあの黒い「蟻」という不思議な関係性。

 

あの普通の蟻さんがシロアリの天敵だというのなら、最近話題の恐怖の「ヒアリ」が

シロアリの前に現れたらひとたまりもないことになりそう…。(((((((( ;゚Д゚)))))))

 

そんなヒアリの天敵は、アマゾンなどに生息するノミバエという「ハエ」というのですから

生物多様性の中の弱肉強食の関係性は、実に奥が深いものです。。。“〆(゚_゚*)フムフム


トキは来た!それだけだ。

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

今日は、将棋の藤井聡太四段(14)が連勝記録歴代1位タイの28連勝を

達成するか否かに注目が集まっています。

 

昨年秋から色々と大問題が起きて暗い話題ばかりだった将棋界ですが、

藤井君という一人の天才中学生が救世主のごとく現れ、

明るいニュースを提供してくれるのはいいこととして心から応援しています。

 

昨日は将棋界のレジェンド・ひふみんこと加藤一二三九段(77)が

62年の棋士人生を終え引退になりましたが、加藤九段の引退と入れ替わるように藤井君が登場し、

めきめきと頭角を現していることに何か運命的なものを感じるのは気のせいでしょうか。

 

 

さて、先日ですが、弊社の専務Tが新潟県佐渡市を訪れました。

 

佐渡と言えば「佐渡金山」と、何と言っても「トキ」です。

これらは佐渡トキ保護センターで撮影したものです。

 

ご存知の通り、トキは環境省レッドリスト2017でも野生絶滅(EW)に指定されています。

かつて、純日本産としては最後の一羽である「キン」という名前のトキがいましたが

2003年に死亡して絶滅したため、この写真に写っているのは人工繁殖された中国産の子孫となります。

 

現在、日本国内で飼育中のトキは6/14時点で201羽とされていますが

佐渡トキ保護センターでは放鳥に向けた野生復帰訓練を行っています。

この子達は“つがい”でしょうか?

のんびり田んぼの中をお散歩中。

 

 

生物多様性の中にはネズミやブラックバス等のように繁殖能力の強い生物もいれば

トキやパンダ、コウノトリのように人間の力をもってしても繁殖が難しい生物もいます。

 

憎まれっ子世にはばかるではありませんが、人間からしてみたら害を及ぼす生物程、

繁殖能力が強く、時代を超えて長生きという不条理…。

 

2012年以降は、放鳥された個体同士による野生下での自然繁殖で生まれた新たな命も

10羽以上誕生しているようですが、人間の手で大切に大切に育んだ命が源だからこそ、

野生に放たれても生き延びて繁殖を続けてほしいものです。

 

 

放鳥されたトキ達は、佐渡市以外でも北陸信越地方や東北地方への飛来が確認されています。

関東ではまずお見かけすることはないと思いますが、もしかしたらそれらの地方に行った際には、

運が良ければ見かけることがあるかもしれない幸運の鳥です。

 

トキの学名は「ニッポニア・ニッポン」というように、日本の象徴の鳥というイメージですが

実は日本の国鳥はキジという矛盾…^^;;

 

 

今回は他にも

とんび(鳶)もいました。

 

「ピ〜〜〜ピピピピ」と耳に心地よい鳴き声を響かせながら空を優雅に飛んでいますが

鎌倉や江の島界隈では海辺でご飯を食べていると、空から突然ガッツリ奪いに来るハンターです。

海辺で何かを食べる時には奪われぬよう、くれぐれもご注意下さい(笑)

 

 

最後にもう1枚

スズメじゃありません、ホオジロです。

尻尾が長いのが特徴です。

 

千葉県ではレッドデータブックに載っている要保護生物ですので、見かけたら優しい見守りを。

誰か外敵にいじめられているのを見かけたら、助けてあげて下さいね。


2017年度 木構造テラス構造設計スクール

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

今朝起きて一番に飛び込んできた世界的プロゴルファー、タイガー・ウッズ逮捕の一報。

かつては日本でもCM数本に出ていましたが、久々に見た彼は、私達の記憶の中にあるそれとは違う

あまりに変わり果てた姿にとてもショックを受けました。

 

腰の不調や私生活の問題もあり、ある時から見かけなくなったとは思っていましたが、

かつて栄光を極め、地位も名誉も富も全てをほしいままにしていたはずのウッズに、

ここ数年の間に一体何があったのか気になります。

 

 

さて先週5/26(金)、一般財団法人木質構造の設計情報を共有する会様主催の

「2017年度 木構造テラス構造設計スクール(前期)第3回」が

タイガーボードのCMでお馴染みの吉野石膏衢 虎ノ門ショールームにて行われ、

所員Aが参加して参りました。

 

以下はAによるレポートです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

講師は一級建築士事務所 諸富設計様の諸富 稔先生と、吉野石膏衢佑療膾蟒甕拈萓検

 

虎ノ門ショールーム内の見学会の後、

「中層木造(4階建、混構造)の構造設計実務」

「メンブレン耐火木造のポイントと石膏ボードの活用」

の講習会が開かれました。

石膏ボードの機能・性能について最新の情報に触れ、知見を深めます。

 

木造構造設計の実務を詳細に聞くことで、その苦労を知るのと同時に

今後の展望についても期待感を持てました。

また、耐火木造の現状をメーカーに直接説明を受け、その問題点も知ることができました。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

日本は古来より木造建築が主流でありました。

しかし、木造建築は火災時に燃えてしまうリスクや山から切り出す際のコストや労力がかかるため、

現在においては国土面積の70%を占める森林の活用が進んでいないのが現状だそうです。

 

安全性や耐震性など様々な事情で、RC造やS造の建物が増えている現代とはいえ

それでも私達は木造建築を日本の古き良き伝統として、伝え続けていきたいものです。


安全運転管理者講習会2017

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

先週金曜日、千葉県公安委員会主催の「安全運転管理者講習会」に

弊社の安全運転管理者である私Aが行って参りました。

10〜16時半までの長丁場なので、時折目を休め、足腰をいたわりながら講習に聞き入ります(==)

 

千葉県は例年、交通事故死者数でベスト10入りというあまりにも不名誉な記録を持っていますが

今年は何と…

愛知県に続いて全国2位という更に不名誉な記録を更新してしまいました…(==;;

 

 

ちなみに、千葉県における交通事故の年齢層別死者数をグラフで表すと

出典:千葉県警察http://www.police.pref.chiba.jp/kotsusomuka/traffic-safety_accident_03.html

 

半分以上が高齢者という現実…。

確かに高齢になると目も耳も認知機能も衰え、自分の世界だけに視野も狭くなりがちだといいます。

 

私も、お年寄りが交通量の激しいところであろうと赤信号であろうと関係なく

我が道を行くかのように突然横断しようとしたり、車道のど真ん中を自転車でノロノロ走って、

後続車が渋滞を引き起こしているような光景を目の当たりにしたことがあります。

 

あちらが予測不能に無謀に飛び込んで来たような、いわゆる「もらい事故」状態であったとしても、

それでも車の過失の方が大きいとされてしまうのが今の日本の刑法です。

 

また、高齢者ドライバーの

「アクセルとブレーキの踏み間違え」

「高速道路逆走」

による痛ましい事故も年々増加の一途をたどっています。

 

人間は誰もが例外なく必ず歳を取り、高齢者の世界は必ず行く道ではあるので

誰だっていつかは同様の事故の加害者にも被害者にもなるリスクはあります。

でも、当然ながらどちらにもなりたくないに決まってます。

 

高齢者の歩行者もしくはドライバーが自分の近くにいる時には徐行したり、

よくよく気をつけて警戒する心構えを各自が持つべきではないでしょうか。

 

 

千葉県警のHPでは、県内での交通事故発生に関する細かいデータを開示しています。

よろしければ参考になさってみて下さい。

 

平成28年中の交通事故発生状況

http://www.police.pref.chiba.jp/kotsusomuka/traffic-safety_accident_03.html

 

平成27年中の交通事故多発信号交差点

http://www.police.pref.chiba.jp/kotsusomuka/traffic-safety_trouble_01.html

 

 

弊社の近隣区域にも事故多発地点があり、私も普段から通る道でもあるので

その地点を通る時にはよくよく注意をして運転しようと思います。


5S活動 2017

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

プロ野球開幕から1ヶ月半が経過しましたが、まだ5月だというのに明日明後日には

我らが千葉ロッテマリーンズの自力優勝の可能性が消滅という非常事態に見舞われています。

昨日5/14(日)時点でセ・パ12球団の中で唯一、2桁勝利に届いておらず一体どうしてしまったのか…。

 

過去5年ぐらいの間に、他にも西武ライオンズとオリックスバッファローズも

シーズン早々に不調に見舞われた際には、両チームとも当時の監督が休養という名のもと、

事実上の更迭となったことがありましたが、ロッテも伊東監督が同様の事態にならないか心配です…。

今シーズンから球場名も「ZOZOマリンスタジアム」に変わり、心機一転だったハズなのですが…。

 

 

さて、先週5/12(金)、今年度初の5S活動が行われました。

 

「整理・整頓・清掃・清潔・躾」という名の通り、各々、身の回りから社内回りまで

汗だくかつ埃にまみれながら徹底的に5S活動に励みました。

所員各自、担当箇所を決め、男女関係なく力仕事もお掃除もこなしていきます。

 

 

午後イチからスタートした5S活動が、ようやく各々終わりを迎えたのは17〜18時頃。

 

スタート当初はこれぐらいの量だった紙ゴミが

 

4時間後には

ドーン!

もはやコンテナ内に足の踏み場はありませんでした。

 

 

スタート当初はまだ余裕のあった不燃ゴミが

 

4時間後には

段ボールからはみ出さんばかりに溢れ

 

 

スタート当初は、こんなにサビサビだったロッカーが

 

4時間後には

見違えるように美しくお化粧直し完了!

シンナーのキツイ臭いにまみれながら、所員Iが必死に塗り直してくれました。

彼の歯がボロボロになっていないといいのですが…(笑)

 

 

余談ですが、毎回5S活動を行うと、大量のWクリップやファイル類が戻ってきます。

 

Wクリップはそのまま大きさ別に仕分けした後、また使いますが、

弊社では紙のフラットファイルも、こんな感じでリサイクルしています。

ホッチキス&留め具を外して分解し、裏返してまた同じようにホッチキス&留め具を戻すだけ。

 

これだけで、フラットファイルのリサイクル完了です。

実に簡単ですので、ご興味のある方はお試しあれ。

貧乏臭いなんて笑わないで(涙)(;;)

「節約は1円から。大事な資源は最後まで使う」

それが弊社所長・山田のモットーでもあります。

 

 

汗と埃にまみれ、体力消耗した後は腹ペコ。何と言ってもおやつが美味い!

所員一丸で頑張ったご褒美に配給いただきまーす♪

これぞホントの「スタッフが美味しくいただきました」です^^


書いた記事数:79
最後に更新した日:2017/07/21
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM