2017年度 木構造テラス構造設計スクール

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

つい先日、11月になったと思ったら、もうあっという間に下旬です。

日に日に寒さも増して、風邪ひきさんも増えているかもしれません。

 

弊社でも先日、今期のインフルエンザ感染第一号が出てしまいました。

でも、インフルエンザが猛威を振るうのはまだまだこれから。

 

私も先日、インフルエンザの予防接種を受けてきましたが、

風邪やインフルに感染すると何よりも自分が一番に辛くなってしまうので

自分の身体は自分で守るとして、うがい手洗いマスクはもちろん、

ビタミン摂取など様々な方法で風邪予防に努めてみてはいかがでしょうか?

 

 

さて、先日11/21(火)、一般財団法人木質構造の設計情報を共有する会様主催の

「2017年度 木構造テラス構造設計スクール(後期)第6回」が

新木場タワーにて行われ、今回も所員Aが参加して参りました。

 

以下はAによるレポートです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

今回は、蟶拇長務店の齋藤年男先生と、ハウスプラス確認検査蠅領詭效O裟萓犬鮃峪佞坊泙

「『木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)』

を中規模木造建築物の構造設計への活用法」

「グレー本改定に伴う確認審査の注意ポイント」

「情報提供コーナー」

について受講しました。

実務に活用する視点でグレー本の改定部分だけではなく

長年の設計上の経験も併せて伺うことができました。

 

構造計算も木造に限らず蓄積された経験を必要とする場面が多々あるので

このような場に積極的に参加していければと感じました。

 

また、確認審査においても、指摘の多い点を中心にお話を伺いました。

審査側の視点で客観的に見ることで、審査を受ける側としての

自分の姿勢を改める必要があることを強く感じました。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

確認審査機関の方々は、設計者にとって提出書類において必ず関わる立場であり

その審査側はこういうところをチェックしているというお話を聞けることは

これまで自分達の目線でしか見えていない部分を、客観的に教えていただけることで

書類のやり直しや互いの手間を省くのにも実に有意義だと感じます。

 

設計者目線でしか見えなかった部分を、誰かに+αしてもらうことで視野は広がる。

視野が広くなれば私達のいる世界はもっともっと可能性も広がります。

 

Aは今後も視野を広げて業務と研鑽に邁進して行く所存ですので、また次回もお楽しみに!


都内某マンション見学

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

昨日はプロ野球ドラフト会議がありましたが、今年一番の大注目株だった

早稲田実業の清宮幸太郎選手は7球団競合の末、日本ハムファイターズが交渉権を獲得しました。

 

いや〜〜〜、日ハムの“引き”の強さは一体何なのでしょうね。

もうね、いい意味で異常ですよ…^^;;

 

過去にもダルビッシュ、斎藤祐樹、中田翔、大谷翔平とその時代時代の

ドラフトの目玉選手を引き当ててしまうくじ運の良さ、

くじ運弱い私としては是非ともあやかりたいものです(´-д-`)

 

 

さて先日10/26(水)、都内某所に所員NとKが設計したマンションの見学に行ってきました。

ここは下町らしく少し古びた建物が立ち並ぶ街なのですが、その中に一際目立つ高層マンションが!

遠目にはモノトーンとかグレーを基調とした外観に見えますが

でも近付いてみると、そんな単純なものではないということを見せつけられます。

 

マンションの外観というとタイルが横に平たく貼り付けてあるのみというイメージ。

もちろんこちらのマンションも横に平貼りのタイルを多く使ってはいますが

 

マンションの顔であるエントランスに近づいてみると

ん???何だか壁面が浮き上がってる!?

 

よーくみると壁面に対し、グレーの三角形タイルを縦に交互に貼っているではないですか。

凝った作りにビックリ!

 

エントランス上には白の三角タイルで同様に配置しています。

 

エントランス側面の壁はと言うと

これまた違う種類のタイルで立体貼り。

 

このタイルの質感と組み合わせにものすごく芸術性の高さを感じます。

このタイル貼りは外壁のみならずエントランス中の壁面にも多く使用しています。

 

では早速、そのエントランス中に入ってみましょう。

 

左側に見える木の格子状はというと…

いわゆる「床の間」的な感じでしょうか。

市松模様にタイルを配備し木の格子とのコラボで和の雰囲気を出しています。

 

ちなみにこの木の格子は木材ではなく、アルミに木材風のシートを貼ったもので

これが中まで続いています。

 

 

今度はエントランス右側に目をやると

メールコーナーがあります。

 

宅配ボックスはもちろんですが

今時の宅配BOXには出前を頼んだ際の、食器返却BOXまで付いているとは驚きでした。

確かに食器をそのまま人目に触れるところに置くよりは、隠しておいた方がスマートですよね^^;;

 

 

玄関正面のオートロックボタンの下にある、小さな四角いセンサーは

通る人の部屋のカギの有無を感知して自動的に扉を開けてくれる優れモノ。

車のリモコンと同じで、近付くとカギが開くあのイメージです

両手が塞がってる時などに、いちいちカギをカバンから取り出して鍵穴に差し込んで…

といった手間が省けるのは嬉しいですね。

 

オートロックボタンがはめ込まれてる柱も本物の石から削り出したもので

まだらに模様をつけて削っているのがオシャレ。

オレンジのライトがあたってる部分は、肉眼で見るとラメをちりばめたように

キラキラと光っているのが上手く写っていないのが残念ですが、それこそ鉱物の証明です。

 

ちなみに扉の向こうは防犯上、居住者様のみの立入りとなっているため入れませんでしたが

こんな感じです。

エントランス内側からしてこれだけの高級感があるのですから

居住エリアはもっとゴージャスかもしれません。

 

 

今度は気分を変えて外に出てみました。

エントランス周りにもイロハモミジ、ソヨゴ、サカキなど色んな種類の植栽をしています。

モノトーン系の建物と緑の対比バランスがいい感じ。

 

正面から見てエントランスから左側には駐輪場があります。

駐輪場入口の扉に4つの窓が開いているのは、こちらとあちらでかち合った時に

ぶつかる可能性があるので、互いの存在を確認できるよう危険防止策です。

 

 

エントランスから駐輪場までの石畳

一見すると普通に石のタイルを敷き詰めたように見えますが

 

実はこれ、タイル敷き詰めではなく、コンクリートにタイル模様を刻んで作られたもの。

コンクリートを流し、固まる前に目地や凹凸の型をスタンプのように押しているだけなのですが

「いやいや、どうみてもタイル敷き詰めでしょ」と思わず突っ込んでしまった程のクオリティ。

素人目線からすると、現代の技術の進歩にただただ脱帽するばかりです。

 

 

上を見上げると、よくあるマンションの外観のそれとは明らかに違う工夫が

あちこちにちりばめられていました。

ベランダの柵を長めにとって、床の一番下まで覆ってみたり

 

田んぼの「田」の字型の窓だったり、その隣のアルミの並びまで交互に

モノトーン仕様にしていたり、

 

単なる四角い建物ではなく、よーく見てみると角を落とした面取り仕様になっていたりと

書けばキリがない程、設計担当のNとKのこだわりがギッシリと詰まったものとなっており、

熱い思いで建てられた「デザイナーズマンション」と呼ぶのに相応しいと感じます。

 

 

ちなみにこのマンションは1LDKと2LDKの2種類のお部屋があります。

交通の便のいい都内某所で、お高いんでしょう?と思いますよね。

えぇ、1LDKで3〜4,000万円台、2LDKにいたっては5〜6,000万円台だそうです…(lll ̄□ ̄)

 

千葉なら3,000万円台もあれば、3LDKのマンションも4LDKの戸建も買えますが

さすが都内はセレブが揃う大都会です(-ε´-。)

 

でも、それだけの金額を払い、住民の方々にとっても

「ウチのマンション、カッコいいんだよ」と誇りに感じて自慢したくなるような

価値のある仕上がりになったのではないかと自信を持って言えるのは確かです。

 

弊社の中でもマンションや集合住宅設計で定評の高いNKコンビは

今日も快適な住まい造りのために図面上に線を走らせています。


防災訓練&救命救急講習会

こんばんは、広報担当Aです。

 

 

先々週からの雨続きの悪天候に加え、猛烈な台風21号が過ぎ去ったのも束の間

今度は次の台風22号が発生した模様です…( ゚Д゚)

しかもまた前回同様、沖縄付近でUターンして週末に日本列島へ接近しそうなコースなようで…(´-д-`)

 

今年は例年に比べ、夏に台風が少なかったせいか、季節外れの秋の台風続きなのは

これもまた地球温暖化の影響なのでしょうか(;´Д`)

 

 

さて、昨日10/23(月)、社内防災訓練及び救命救急講習会が行われました。

弊社では年に1回程、防災訓練を行っており、3階のコピー室から

火災が発生したという想定のもとで行われ各々、下の駐車場に避難してきました。

 

各自、連絡班・救護班・防護班・搬出班・消火班に役割分担し

各々、救急箱や消火器、貴重品といった必須アイテムを持ち出しています。

 

避難訓練後、リーダーである所員Yから避難時の問題点や総括が行われましたが、

Yが腕に巻いているタオル

これは災害が起きた時に腕にタオルを1本巻きつけておけば、

これで口を押さえたり、濡らしたり、負傷した場合に包帯代わりに傷口をおさえたりと

色々と万能用途があるからとのことで、なるほどガッテン!

 

防災訓練後には、AEDと人体模型を使っての救命救急講習会が行われました。

自動車教習所や企業内等で救命救急講習会を受けたことがある方もいるかもしれませんが

まだまだ未経験者の方も多いと思います。

 

Yは救命救急技術に詳しく、非常に長けているのでYの指導の下、

所員それぞれ心臓マッサージとAED操作に分かれて体験をしてみました。

「心臓マッサージは安定感を保つために必ず堅い場所の上で行うこと」

 

「マッサージの強さは肋骨が折れそうな勢いで大丈夫」

 

「人工呼吸は気道確保で必ずアゴを上げて、鼻をつまみ息を強く吹き込むこと。

 患者さんが伝染性疾患を持ってる場合に備え、感染予防として必ず

 マウスピースを噛ませたり、ハンカチやガーゼなど空気が通る布一枚を間に挟んで行うこと」

 

などなど細かくご指導をいただき、ためになるアドバイスに感心することばかりでした。

 

 

AEDが日本で一般的に広まるようになったのは2004年頃のこと。

現在では行政・交通・教育機関やコンビニなど多くの場所に広く設置されています。

 

日本で普及されるようになってから、多くの場所で誰かの命を救い続けている一方で

せっかくAEDがあっても使い方がわからないなどで手当が遅れ、救えない命があったのも事実です。

 

自分の周りで咄嗟に誰かが心臓疾患を起こして倒れた時、救急車を呼ぶのは当然の流れとして

救急車が到着するまでに10〜15分程、いや、それ以上かかることもあります。

その間、近くにAEDがあるという条件の下で何もせずただ到着を待っているのと、

AEDで事前に応急処置をしているのでは救命率は大きく変わってくると言われています。

出典:日本AED財団

 

一度でも使用体験がないと、咄嗟の時にAEDを使う選択肢が思い浮かばないものです。

今回こういった体験をしてみることは、私達のように医療資格を持たない一般市民でも

もしかしたら今後、誰かの命を救うことのほんの少しでもお役に立てるかもしれません。

 

今回は短時間の講習会と体験ではありましたが、所員一人一人にとって、

AEDに対する知識を深めたり、いざという時に使えるようになるための

モチベーションUPに繋がっていけるよう、企業として啓発していきたいと思います。


某クリニック現場見学会 〜vol.2〜

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

まだ10月だというのに先週末から急激に気温が下がり

今週は12月ばりの気温になったりと寒い日が続いています。

 

そうかと思えば少し暑くなる日もあったり、台風が来週にかけてやってきたりと

この気温の寒暖差で風邪を引いたり体調を崩す方を多く見かけるようになりました。

 

まだ10月なのに暖房器具をつけるなんて…と多少の抵抗が多少もあったりもしますが

気温の体感は人により違うので、寒さを我慢して風邪をひいてしまっては元も子もありません。

 

自分の身は自分で守るとして、うがい・手洗い・保温・保湿を心掛け、

風邪に負けない身体づくりを心がけましょう。

 

 

さて、先日10/18(水)、先月下旬に行われた某クリニック見学会の第2回目が行われました。

 

今回の見学内容は鉄骨建方、クレーン運搬といった作業内容でしたが

見て下さい!前回の見学会から1ヶ月の間にここまで鉄骨組みが進んでいました!

 

地上から地下にかけてもコンクリート打設が完了していました。

 

 

この日は鉄骨の仮ボルト→本ボルトの締め作業に入っていました。

 

締めていくボルトは

男性の手のひらより少し小さいぐらいの大きさですが、ゴツくて重い。

 

ボルト締め作業をこの高さの鉄骨に対し、地道に1本1本こなしていくのは実に大変。

でも頑丈に作り上げるべく、しっかりと締めていく責任のある作業です。

 

現場に運び込まれた鉄骨はクレーンで吊られて運ばれて行きますが、

単純に誰でもワイヤーを引っ掛ければいいというものではありません。

玉掛け講習を受けた資格者だけが扱える大事な仕事です。

 

今から40年以上前の大昔には、鉄骨等のワイヤー吊りはこのような2点吊りではなく

真ん中1点のみで吊っていましたが、安定感が悪かったり事故が多発したことに伴い

その後、2点吊りかつ資格者制度に変わったそうです。

 

私のような素人だと工事現場のクレーンというとあっという間にスルスルと

機材を吊り上げてるイメージがありましたが、実は風速や物などにより

吊り上げや運ぶ速度もきちんと考えられているものなのだと知りました。

 

吊り上げる物は鉄骨から小物まで大小様々。

作業をしている方々が必要な器材等をその都度、下に降りて取りにいくのは大変。

そんな時に大きめの袋や缶の中に器材を詰めてクレーンを使って

作業員さんのところに届けることにも大きく役立ってくれています。

 

 

次回見学会の時には、ここからどれくらい進捗しているでしょうか。

見に行く度に大きな進展があるので、今からとてもワクワクしています♪o(^^)o

 

また次回もお楽しみに。


Japan-BIM事例フォーラム

こんにちは、広報担当Aです。

 

 

10月になり、プロ野球もシーズン終了の時期が近づいてきました。

同時に10/1以降は毎年、各球団所属のプロ野球選手達の第一次戦力外通告期間でもあります。

今年も既に各球団を去る選手達の名前が続々と発表されており、

私も含めて世の中の野球ファン達にとっては切なさとツラさが入り混じった季節です(;;)

 

我らが千葉ロッテの伊東 勤監督もチーム成績不振の責任を取って今季限りでの退任を発表しています。

このような成績となってしまったのは残念ですが、5年間本当にお疲れ様でしたという思いです。

 

次期監督には先日惜しまれつつ引退した井口資仁選手が最有力候補として名前が挙がっています。

井口監督となれば熱い応援が売りのロッテファンは大歓喜だと思いますが、

そのあかつきには、ロッテは生まれ変わって復調することができるかどうか楽しみです。

 

 

さて先月9/28(木)、所員M、Y、Tの3名が福井コンピューターアーキテクト衢夕膾鼎

Japan-BIM事例フォーラムに参加してきました。

 

以下はMによるレポートです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

BIMについて動向を確認することができました。

 

設計のためのツールだけではなく、FMに活用する事例が増えてきており、

維持管理費が40%削減できたとの報告もありました。

 

作図のためのBIMと捉えるのではなく、BIM化による多様な展開を今後も注視し

可能性を模索していきたいと思います。

 

AIやIoTの発展により建築業界も急速な変化が見られているので、

設計業務に対しても柔軟かつ迅速に対応していきたいと思います。

 

また先日更新されたBIM2018の新機能についての説明を受け、使いやすくなっただけでなく

プレゼン機能も充実されているので、ますますBIM活用の利便性や

有効性が広がってきていると感じました。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

今や我々の業界にとって、設計図面を描くのみならず、施主様のニーズに合わせて

BIMの知識と技量を身に着けることは不可欠です。

 

弊社でも若手からベテラン勢までが揃って教育を受けていますが

今後もBIM関連の情報収集や習得推進に向けて、日々研鑽を積み続けて参ります。


書いた記事数:92
最後に更新した日:2017/11/22
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM